パイロットがVFRを飛行中にATCに連絡する必要がありますか?

  1. パイロットはVFR(出発時、出発時、出発時)を飛行している間にATCと通信する必要がありますか、飛行のタイプ(プライベート、商業など)に依存しますか?

  2. または、パイロットは滑走路のクリアランスと標高のために到着と出発時にのみATCに通知する必要がありますか?

  3. パイロットが飛行中にATCと接触していない場合、ATCはどのようなパイロットの意図を知っていますか?

7
あなたはどの国に尋ねていますか?ルールは場所によって異なる場合があります。
追加された 著者 Liron Yahdav,
@RonBeyer - 上記のコメントによれば、それは国によって異なります。米国(そして私はカナダだと思います)では、クラスEのVFR飛行では誰とでも話す必要はありません。これは他のほとんどのICAO諸国とは異なる。さて、クラスEまたはGである無力な空港の周りでUNICOMまたはMULTICOMで話を始めるのは良い考えです。より高い空域クラス(ほぼ常に空港の周りにあります)では、確立された双方向通信が必要ですが、約2000-3000MSLで、あなたはGUARDでそれを保ち、ただ飛ぶことができます。
追加された 著者 KeithS,
@RonBeyer - 例外クラスEは、ATCがそこで動作し、IFR分離を提供するため、定義されたスペースである。 ATCが空の一部で最低限のサービスを提供できれば(IFR-IFR分離は通常最小で、レーダー追跡とIFRフライトとの双方向通信が必要です)、少なくともEです。そうでなければGです。これが米国のクラスFを使用しないでください。 ICAOでは理論的には制御されていますが、FAAではあまりにも曖昧なサービスは保証されませんが、他のICAO諸国では事実です。
追加された 著者 KeithS,
これらの質問は広すぎます。答えは、飛行している場所、飛んでいる場所、飛んでいる場所などに応じて、飛行ごとに異なります。ケース(現実世界またはシミュレートされた)を提示すると、より良い回答が得られます。
追加された 著者 RaajTram,
@キース私はあなたの意見が異なる国を除いてあなたとは異なるとは確信していません。少なくとも米国では、ATCの管理された空域で通信する必要があります。クラスEとGは制御されない(IFRがEにない限り)。閉鎖された空港は通常、開かれているときはクラスB、CまたはDであり、開かれているときはEである。
追加された 著者 c69,
あなたが飛行のタイプ(個人/商業など)にかかわらず、ATCによって制御された空域にいる場合、VFRはあなたがATCと話す義務を解消しません。
追加された 著者 c69,

5 答え

空域クラスA、B、C、Dでは、すべてのVFRフライトにATCとの継続的な双方向無線連絡が必要です。宇宙クラスE、F、Gでは、そのような要件はない。

以下の表は、IFRとVFRが異なる空域クラスで飛行するための要件を示している(出典:ICAO Annex 11、付録4)。特定の空域クラスの無線通信要件を指定した右から2番目の列に気付くはずです。

enter image description here

これらは、特定の国がICAO基準から逸脱することを決定しない限り、すべてのICAO加盟国(基本的には世界のすべての国)に適用される一般規則です。そのような逸脱は、国家AIP、セクションGEN 1.7に列挙される。例えば、一部の国では、一般にそうではないが、Gで分類された特定の空域内でVFRトラフィックに対して双方向無線通信が必要とされることがある。あなたの国に特有のルールを備えたテーブルは、あなたの全国AIPセクションENR 1.4で利用でき、おそらく上記と非常によく似ています。

制御された空港では、クラスA、B、CまたはDとなるコントロールゾーンが設定される(ICAO Annex 11パラ2 2.6参照、コントロールゾーンはEで分類できない)。つまり、制御された空港では、VFRトラフィックはIFRと同様に、ATCとの双方向無線接続を確立する必要があります。

しかし、制御されていない空港では、これは一般に要求されない。

ATCとの連絡が必要かどうかにかかわらず、飛行の出発と到着の各段階は、あなたが飛行している場所によってまったく異なります。非常に一般的に言えば、制御された空港に近づいたり、あるレベル以上に飛行すれば、空域が制御されることを期待できます。したがって、ATCとの接触が必要です。低空では、主要空港から離れて、空域はしばしば制御されず、無線連絡は必要ありません。

上記は非常に一般的なの説明であり、特定の地域でATCに連絡する必要があるかどうかを確認するには、実際にローカルチャートと手順を参照する必要があります。

アドバイスのポイントとして、ATCがあなたを助けるためにあります。フライトインフォメーションサービスとアラートサービスを受けるために、必要がない場合でもATCに連絡することは良い考えです。これにより、交通、天気、軍事活動などに関する重要な情報を受け取ることができます。何か問題が発生した場合は、遅滞なく検索および救助活動を開始できます。

8
追加された

注:この回答は特に米国の手続きに関するものです。ほとんどの国は非常に似ていますが、それは世界の他の国には適用されません。

It depends "where" you are flying resp. in which airspace. The airspace is divided into types, according to the picture attached, and is an international classification. It is then up to the countries to split their airspace (including the one in the vicinity of the airfields) into the shown ones (some use just two, some use more). On specific charts, you can see if it is necessary or not. Summarizing, in controlled airspace (so if the airfield lies inside of an airspace class E or higher) it is mandatory. If the airspace around an airfield is of class F (missing in the chart) or G, it is not. This is quite often the case for smaller airfields. enter image description here

2
追加された
この図は、最初にEクラスでATCとの双方向通信が必要であり、コントロールタワーについての注意が必要ですが、IFR飛行計画で飛行する場合にのみ双方向通信が必要であると述べているため、ちょっと混乱します。後者は正しい、前者は誤解を招いている(とにかく空港は階級Dである)。
追加された 著者 Jan Hudec,
クラスDの空港にはIFRの天気予報機能がないのでクラスDになります
追加された 著者 rbp,
これはどちらの管轄権ですか?たとえば英国の場合は正しくありません。
追加された 著者 Simon,
はい、あなたの答えが適切である地域を含めるようにしてください!私たちはすべてアメリカ人ではありません。
追加された 著者 Jon Story,
このグラフのソースを共有できますか?グラフィックはパイロットハンドブックからのものだが、チャートのセクションがどこにあるかわからない。
追加された 著者 c69,

あなたのすべての質問に完全な答えを与えるために: AFAIKは管轄権が世界のすべての国(ICAOメンバー)のすべての国に適用されます。たぶん、国の追加のルールがあります(飛行場と必須の無線連絡先についてのみ、飛行機はかなり国際的であるとは思えません)。

  1. 他の人に言われているように、AからGまでは7つあり、Aは「最も厳格」、Gは最も規制されていないものです。国は自由に空域を別のクラスに分割することができます(多くの場合、特定のクラスを使用しているがすべてではありません)。 A、B、C、DのVFRトラフィックには無線連絡が必須です。したがって、E(ただし、IFRは必須ですが、FとGのみ)を除くすべての空域には対応する無線周波数があります。簡単な結論として、いわゆる空域制御飛行場(空域A、B、CまたはDの飛行場 inside )のみがATCを持っています。他の人は「自由に着陸できます」(VACなどのアプローチ情報を参照する必要がありますが、必須の無線連絡は必要ありません。また、許可する人はいませんクリアランス)。 この回答の詳細については、他の人が投稿したICAOチャートまたは空域リストをご覧ください。
  2. 基本的には、空域に入る前に、対応する周波数でATCに連絡する必要があります。また、一部の空港では、一定時間(5分)前に特定の地点に接近する必要があります(空域に入る直前ではありません)。これは各空港のVAC(Visual Approach Charts)に書かれており、空域に入るためのクリアランスを得るための「飛行制限」ではなく「条件」である。要約:ATCに空域を入力する必要がある場合は、ATCに連絡する義務のみがあります。おそらく、義務は外部から十分に早く呼び出さなければならないということですが、それは空域に入ることを望む場合には追加の要件です。外にいて、決して連絡する必要はありません。

  3. そのため、特定の空域(A、B、C、D)では無線連絡が必須で、他のエリア(E、F、G)では「ATC」はありません。あなたの現在の空域の周波数を切り替える唯一の可能性は、ATCの承認が必要です(時には、隣接する空域を横断したいと考えている場合があります。入力する前に最初に連絡しなければなりませんが、あなたの最初のものです。この場合、あなたがいるATCは周波数を変更することができます)。パイロットが以前にATCに話したように、ATCは彼がやろうとしていることを非常によく知っています(同じ周波数ではなくても生地は同じです)。

空白の間違った規則について不平を言っているすべての人々のために:すべての詳細を正確に知りたい場合は、投稿された写真の1つを参照してください。私の答えは< em>必須のVFR無線連絡先。それ以上のことはありません。

編集:空域Eには必須のVFR無線連絡がありません。

1
追加された
はい、空港の図などありますが、VACの必須VFRレポートポイントと同等のものはわかりません。しかし、彼らはどこかに存在するかもしれませんが、そこには多くのローカルプロシージャがあります。しかし、それは典型的なことではありません。
追加された 著者 Liron Yahdav,
この回答はどの管轄区域ですか?少なくとも米国には適用されません。もちろん、OPは彼がとにかく何を求めているかは言わなかった
追加された 著者 Liron Yahdav,
米国にはクラスFはなく、クラスEで無線連絡を必要とせず、VACもありません。
追加された 著者 Liron Yahdav,
この答えは事実上正しいとは言えません。たとえば、クラスE空域ではATCサービスが利用できないと述べていますが、これは誤りです。実際、IFRトラフィックはクラスE空域でATCクリアランスを受けるため、ATCサービスも利用できます(VFRの場合も同様です)。
追加された 著者 grossvogel,
@Pondlife、確かに、報告ポイントと同等のものはないかもしれない。それは私が述べたことです。 いくつかのケースがあります。 すべてのケースではありません。そしてあなたが正しく述べたように、地方の手続きは空域規則に追加されるかもしれません。
追加された 著者 CuriousWebDeveloper,
@Hougaard、私は空域E内のATCの可用性を修正した。とにかく、質問はVFRの下で必須の無線連絡に関するものなので、それは重要ではない。したがって、私は本当にIFRのクリアランスは気にしませんが、むしろその問題に固執します。
追加された 著者 CuriousWebDeveloper,
クラスFに関して:それが存在するという理由だけで、使用する必要はありません。ヨーロッパの多くの国がクラスの一部を使用しています。例として、AFAIK ItalyはAとGしか使用していませんが、私はこれを私の答えで指摘します。 Eに関して、私はすでに修正した間違いをしました。 VACは私には驚きですが、同様の「空港情報」プレートがあるようですね。
追加された 著者 CuriousWebDeveloper,
私の答えのどの部分が米国に当てはまらないのですか?管轄権は欧州航空のためのものですが、AFAIKは米国の規制にも適用されるべきです。
追加された 著者 CuriousWebDeveloper,

FAAの管轄区域で運航しているフライトについて質問していると仮定して、いくつかの簡単な答えを示します。

  1. パイロットは、VFRを操作している間は、通常はタワー型空港に関連付けられている上空の空港または特定の空域で操作している場合を除き、ATCと通信する必要はありません。 航空情報マニュアル第3章をご覧ください。空域の詳細については、私は、すべての制御された空域がATCとの通信を必要としているわけではないということも、混乱の点だと思います。私はしばしば、クラスE空域を「制御可能な」空域と考えるように学生に言いました。 ATCは制御された空域内のすべての航空機を制御しません。
  2. コントロールタワーを持たない空港は、航空機が意図をブロードキャストできる頻度は共通ですが、パイロットはそのようにする必要はありません。一部の航空機にはラジオも搭載されていません。上空の空港は常にATCとの通信が必要ですが、具体的な手順は空域の種類によって若干異なります。
  3. ATCはしばしばパイロットの意図を知らない。飛行機が空域に侵害した場合、ATCは通常、すべての放送周波数またはガード(121.5)で接触を試みます。途中で、ATCがATCと通信していないトラフィックを指摘している制御された航空機のための交通情報を提供することは珍しくありません。
1
追加された

Also it depends on airspace (FIR) regulations promulgated by States as well as airspace classifications, for example in Tehran FIR all flights (IFR & VFR) are obliged to have two way Communication with relevant ATS units for search and rescue.

0
追加された
単にいいえ。それは国の中でさえも異なります。ポイントはあなたが空域であることです(飛行場に対応しています)。おそらく、いくつかの国では追加ルールがありますが、基本的なコンセプトは空域
追加された 著者 CuriousWebDeveloper,