赤い肉を見つけよう!

この赤い肉を見つけてください。

指は赤肉を舐めます。しかし、ハエはそれに触れることを敢えてしません。

ヒント1:

It is damn hot & I'm not sure if I add tag [lateral-thinking].

ヒント2:

実際にスパイシーな調理された赤身の肉のように見えますが、実際の肉は見えません:(

最終的な手掛かり:

同じ名前のJavaScriptフレームワークがあります!

5

7 答え

指は赤い肉を舐める。しかし、飛行機はそれに触れることを敢えてしない。

それは舌です。

または

たぶん赤い電気昆虫のフラッパーです。

13
追加された
いいですが、答えはありません。 語義タグに注意してください
追加された 著者 Pánfilo González,

最後の手がかりのために私の推測は

Ember

疑問手がかり(Javy提供):

誰かがEmberの一部に触れると、すぐに指を舐めるでしょう。

手がかり1

死んでいる火の中の燃えているか光っている石炭や木材の小さな部分のように、

ヒント2

光る石炭は肉のように見えますが、フライに触れれば死ぬでしょう。

ヒント3

JavaScriptフレームワークEmber.js

6
追加された
私はJavaScriptが答えを準備するために速く入力していたことを意味した。
追加された 著者 Brian Clozel,
そして、私は今、私の "指舐め"の説明に笑っています;)
追加された 著者 John Doyle,
JavaではなくJavascriptとFinger Lickingについて私は誰かがEmberの部分に触れるとすぐに指を舐めると思った。これが最初に投稿されたので、この回答を受け入れる
追加された 著者 Pánfilo González,

かなり自信がある

流星 (別名MeteorJS)

なぜなら

肉の中には、肉の言葉に基づいたジョーク/言葉遣いの言葉に共通するものがあります。

ヒント1:

It is damn hot & I'm not sure if I add tag [lateral-thinking].
A: From what i last read about them, meteors are pretty damn hot due to the friction of entering our atmosphere.

ヒント2:

It actually looks like spicy cooked red meat, but not real meat :(.
A: never seen one in person, but perhaps a meteor does look like a peppered steak

最終的な手掛かり:

There is a JavaScript Framework with the same name!
A: Meteor is a JavaScript framework

5
追加された

よく最後の手がかりが鍵だった、 それは

ember

確信していない

琥珀は輝く熱い石炭です。それは熱いので、飛行機はそれに触れることを敢えてしないでしょう、 それは実際の肉ではなくスパイシーな肉のように見えます。私はEmber Restaurantを参照して、舐めているようですね?

3
追加された
@smriti元の解答を残しておき、それを新しい解答を追加するための編集として言及するように、編集は常に行わなければなりません。単に交換することはお勧めしません。
追加された 著者 John Doyle,
良い。親切に答えを元に戻してください:)
追加された 著者 John Doyle,
@CinCoutまあ、これは私の最初の答えです、私はメモを取る
追加された 著者 butte,
こんにちはSmritiへようこそSEへのパズル、あなたの答えは非常に近いです。
追加された 著者 Pánfilo González,

それは:

Ember

最後の手がかりは十分でした!プログラマが役立つ;)

説明:

Emberは、「死に至る火の中の燃えているか、輝く石炭や木材の小さな部分」です。それは赤い肉のように見え、明らかにそれに触れる愚か者ではない! "指の舐め"に関する限り、手足はパイの一部であるので、死体の指はそれを舐めるでしょう!

2
追加された

ちょうど推測

ハッピーミールハンバーガー?私はどこかで読んだことがあります。ハエは幸せな食事に触れることを敢えてしません。

1
追加された

私はそれがあるかもしれないと思う

シカ(「あえて」のように見えます)

1
追加された
ノップ、そしてハエは鹿に触れることができ、手がかりを付け加えました。
追加された 著者 Pánfilo González,