JUnitカスタム注釈

@Testの期待されるタグに似た独自のJUnitアノテーションを作成したかったのですが、アノテーションメッセージもチェックしたいと思います。

どのようにそれを行うか、または多分何か準備ができてヒント?

9

3 答え

JUnit 4.9では、図書館のテスト用の「ルール」の使用が強化されました。カスタム注釈と同様に機能すると思います。開始として TestRule をご覧くださいポイント。そのインターフェイスに基づいてルールを実装し、@ClassRuleまたは(メソッドレベル)@Ruleアノテーションを使用して、テストでそれらを使用することができます。

具体的な例として、 ExpectedException があります。 @Testの期待されるパラメータのような例外を指定することができます。

4
追加された

JUnit4でカスタムアノテーションを取得するには、独自のカスタムランナー実装を作成し、それをTestクラスのRunWithアノテーションに渡す必要があります。

まず、JUnit 4のデフォルト実装ランナーであるBlockJUnit4ClassRunnerを見てみましょう(メモリがうまく機能している場合)。

カスタムランナーMyRunnerを使用して@MyTestという名前のカスタムアノテーションを取得すると仮定すると、テストクラスは次のようになります。

@RunWith(MyRunner.class)
class Tests {
   ...
   @MyTest
   public void assumeBehaviour() {
      ...
   }
}

「Reid Mac」の答えは、カスタム注釈がどのように実装されているかを決めるのにかなり良い仕事です。

4
追加された
もうReid Macの答えはありません。
追加された 著者 BrunoJCM,