拡大ガラス領域で発生していないイベントをクリックしますか?

私はDwmExtendFrameIntoClientArea(Vista/7 Aeroのもの)を使用して、自分のフォームのガラス領域をクライアント領域に拡張しました。

オーバーライドフォームクラスメソッドOnMouseDown()でWindowsメッセージを送信しました。ここで説明されているように、ウィンドウをガラス領域で移動可能にします。ボーダーレスフォームを動かせるようにする

しかし、このため、拡張されたガラス領域をクリックすると、Click/MouseClick/DoubleClickなどのイベントは発生しません。

私は実際には、通常のタイトルバーのように、上部拡大ガラス領域をダブルクリックすると、フォームが最大になるようにしたい。

フォーム継承クラスのコードは次のとおりです。

protected override void OnMouseDown(MouseEventArgs e)
{
   //Fensterverschiebung in Glass-Regionen
    if (_glassMovable && e.Button == MouseButtons.Left
        && (e.X < _glassPadding.Left || e.X > Width - _glassPadding.Right
        || e.Y < _glassPadding.Top || e.Y > Height - _glassPadding.Bottom))
    {
        NativeMethods.ReleaseCapture();
        NativeMethods.SendMessage(Handle, NativeMethods.WM_NCLBUTTONDOWN,
            NativeMethods.HT_CAPTION, 0);
    }

    base.OnMouseDown(e);
}

protected override void OnMouseDoubleClick(MouseEventArgs e)
{
   //Fenstermaximierung/Minimierung in Glass-Regionen
    if (MaximizeBox && e.Button == MouseButtons.Left && e.Y < _glassPadding.Top)
    {
        if (WindowState == FormWindowState.Normal)
        {
            WindowState = FormWindowState.Maximized;
        }
        else if (WindowState == FormWindowState.Maximized)
        {
            WindowState = FormWindowState.Normal;
        }
    }

    base.OnMouseDoubleClick(e);
}

これを動作させる方法はありますか?

1
あなたは HT_CAPTION メッセージを送信していますが、これはWinFormsイベントハンドラで行うべきではありません。 フォームクラスには、 HT_CAPTION を送信するためにフォームにオーバーライドする必要のある WndProc()プロシージャがあります。私は正確なコードをバットから覚えることはできませんが、 WPF用の同様のコードサンプルがあります
追加された 著者 BoltClock,
@パックマン:私は本当に、ごめんなさい、ごめんなさい:/ /
追加された 著者 BoltClock,
あなたはその答えから非常に良い助言を得ていませんでした。検索ボックスに「wm_nchittest」と入力します。
追加された 著者 Hans Passant,
コードを投稿する必要があります。私はこれを処理するイベントが最大化ボタンを押す能力に関連していることを知っています。それが無効になっている場合、タイトルバーをダブルクリックすると何も起こりません。少なくとも、WinFormsのキャストでは、フォームが最大化されることが実際には無効になります。
追加された 著者 Security Hound,
@Ramhound:さて、私は現在のマウス関連のコードを追加しました。
追加された 著者 Ray Koopa,
@BoltClock:ありがとう!これはかなり助けになりました。私は右クリックでウィンドウシステムメニューをどのように手に入れることができるか知っていますか?
追加された 著者 Ray Koopa,
@ BoltClock:私はどのようにして、以下の解決策にそれを追加しましたか(私はちょうど答えとして受け入れました):)
追加された 著者 Ray Koopa,

1 答え

WPF用のソリューションへのBoltClocksリンクは、WinFormsの次のようなコードで私に影響を与えました。

私は今OnMouse *イベントの代わりにWndProcをオーバーライドします。

ガラス領域は、タイトルバーのように正確に動作します。 Windows 7のドックサポートでドラッグアンドドロップし、最大化/復元をダブルクリックします。さらに、このソリューションでは、ガラス領域を右クリックすると、システムウィンドウのコンテキストメニューがサポートされるようになりました。

[StructLayout(LayoutKind.Sequential)]
private struct RECT
{
    public int left;
    public int top;
    public int right;
    public int bottom;
}

private const int WM_NCHITTEST     = 0x0084;
private const int WM_NCRBUTTONDOWN = 0x00A4;
private const int WM_SYSCOMMAND    = 0x0112;
private const int HT_CAPTION       = 0x02;
private const int TPM_RIGHTBUTTON  = 0x0002;
private const int TPM_RETURNCMD    = 0x0100;

[DllImport("user32.dll")]
private static extern IntPtr GetSystemMenu(IntPtr hWnd, bool bRevert);

[DllImport("user32.dll")]
private static extern int TrackPopupMenu(int hMenu, int wFlags, int x, int y,
    int nReserved, int hwnd, ref RECT lprc);

[DllImport("user32.dll")]
private static extern int PostMessage(int hWnd, int Msg, int wParam,
    int lParam);

protected override void WndProc(ref Message m)
{
    if (!DesignMode)
    {
        switch (m.Msg)
        {
            case WM_NCHITTEST:
                if (MouseInClientArea())
                {
                    if (MouseInGlassArea())
                    {
                        m.Result = (IntPtr)HT_CAPTION;
                    }
                    else
                    {
                        m.Result = IntPtr.Zero;
                    }
                    return;
                }
                break;
            case WM_NCRBUTTONDOWN:
                if (MouseInClientArea())
                {
                    IntPtr menuHandle = GetSystemMenu(Handle, false);
                    RECT rect = new RECT();
                    int menuItem = TrackPopupMenu(menuHandle.ToInt32(),
                        TPM_RIGHTBUTTON | TPM_RETURNCMD,
                        Cursor.Position.X, Cursor.Position.Y, 0,
                        Handle.ToInt32(), ref rect);
                    if (menuItem != 0)
                    {
                        PostMessage(Handle.ToInt32(), WM_SYSCOMMAND,
                            menuItem, 0);
                    }
                }
                break;
        }
    }
    base.WndProc(ref m);
}

private bool MouseInClientArea()
{
    Point p = PointToClient(Cursor.Position);
    return (p.X > 0 && p.X < ClientRectangle.Width
        && p.Y > 0 && p.Y < ClientRectangle.Height);
}

private bool MouseInGlassArea()
{
    if (_glassPadding.Left == -1 || _glassPadding.Right == -1
        || _glassPadding.Top == -1 || _glassPadding.Bottom == -1)
    {
        return true;
    }
    else
    {
        Point p = PointToClient(Cursor.Position);
        return (p.X < _glassPadding.Left
            || p.X > ClientRectangle.Width - _glassPadding.Right
            || p.Y < _glassPadding.Top
            || p.Y > ClientRectangle.Height - _glassPadding.Bottom);
    }
}
2
追加された