Gnus 5.13をOfflineIMAPとDovecotで設定する

Dovecot経由でローカルのmaildir(OfflineIMAPで作成)にアクセスするためにGnus 5.13を設定しようとしています。私はOfflineIMAPのmaildirに直接アクセスできますが、わかっている限り、これはGnusのフラグの同期に問題を引き起こします。だから私はOfflineIMAP(それは動作する)を設定し、私は〜/ .gnus.elにこれを持っています:

(setq gnus-select-method '(nnimap "Mail" (nnimap-stream shell)))
(setq nnimap-shell-program "/usr/lib/dovecot/imap")

私はまた、2行目の代わりにこれを試しました:

(setq imap-shell-program "/usr/lib/dovecot/imap")

しかし、Gnusを起動すると、次のエラーメッセージが表示されます。

メールでサーバーを開くことができませんでした

     

警告:サーバーnnimap + Mailが次の理由で開けませんでした:Buffer * nnimap Mail   nil * nntpd **にはプロセスがありません。

誰もが、このエラーメッセージが何を意味するかを理解するには、この作業をする方法または少なくともどのようにするのか知っていますか?

4

1 答え

私は結局解決策を見つけることができました。変数nnimap-shell-programmがgnusの起動後に常にデフォルトに戻っていることが分かりました。プロセスリストには

ssh Mail imapd

The Gnus manual was only partially helpful because it says this about nnimap-stream shell

シェル

     

サーバに接続するために他のシステム経由でトンネリングする必要がある場合は、このオプションを使用して、nnimap-shell-programをカスタマイズして必要なものにすることができます。

マニュアルにはnnimapのオプションしか書かれていないので、おそらくnnimap-shell-programmもそのようなオプションであると考えました。だから私は〜/ .gnus.elで次のことを試してみました。

(setq gnus-select-method '(nnimap "Mail"
                              (nnimap-stream shell)
                              (nnimap-shell-program "/usr/lib/dovecot/imap -o mail_location=maildir:~/Maildir/:LAYOUT=fs")))

Dovecot preauth実行可能ファイルの呼び出しに関するもう1つの変更点は、Maildir ++の代わりに、通常のMaildir形式(OfflineIMAPでサポートされている)を使用するように、正しいメールディレクトリが見つかるようにすることです。

2
追加された