ラテックスへの文字コードのエクスポートpdf

私はコードのブロックをエクスポートしています

#+begin_lstlisting
cut -d \' | grep http://
#+end_lstlisting

しかし、ラテックスへのorgエクスポートは、バックスラッシュを $ \ backslash $ と置き換え、http://文字列を \ url {http://} に置き換えます。

私は輸出の選択肢を試した

#+OPTIONS: ^:nil -:nil tex:verbatim

しかし彼らはそのトリックをやっていない。どんな提案も役に立ちます。

私はEmacs 25.1.50.2でorgmode 8.2.10を使用しています

5

1 答え

予想される結果を得るには、組織コードブロックnoweb の組み合わせを使用します。

  1. Create a empty org code block for shell command C-c C-v d org

    #+BEGIN_SRC org
    #+END_SRC
    
  2. Assign a #+NAME: to block then add :results latex replace :exports none headers.

    #+NAME: latex-shell-script
    #+BEGIN_SRC org :results latex replace :exports none
    #+END_SRC
    
  3. Add an empty line into org block and place cursor on empty line.

    #+NAME: latex-shell-script
    #+BEGIN_SRC org :results latex replace :exports none
    _
    #+END_SRC
    
  4. Open empty org code block for editing using C-c ' then create sh code block

    #+BEGIN_SRC sh
      cut -d \' | grep http://
    #+END_SRC
    
  5. Save edited code with C-x C-s then close edit buffer with C-c '

    #+NAME: latex-shell-script
    #+BEGIN_SRC org :results latex replace :exports none
      ,#+BEGIN_SRC sh
      cut -d \' | grep http://
     ,#+END_SRC
    #+END_SRC
    
  6. Create a empty org code block for 1stlisting block C-c C-v d org

    #+BEGIN_SRC org
    #+END_SRC
    
  7. Add :noweb yes :results latex replace :exports results headers to empty block

    #+BEGIN_SRC org :noweb yes :results latex replace  :exports results 
    #+END_SRC
    
  8. Add an empty line into org block and place cursor on empty line.

    #+BEGIN_SRC org :noweb yes :results latex replace  :exports results 
    _
    #+END_SRC
    
  9. Open empty org code block for editing using C-c ' then enter the following code.

    #+begin_lstlisting
    <>
    #+end_lstlisting
    
  10. Save edited code with C-x C-s then close edit buffer with C-c '

    #+BEGIN_SRC org :noweb yes :results latex replace  :exports results 
      ,#+begin_lstlisting
      <>
      ,#+end_lstlisting
    #+END_SRC
    
  11. Use C-c C-e to export your code blocks to latex and you should see results similar to code listed below.

    \begin{lstlisting}
    \begin{verbatim}
    cut -d \' | grep http://
    \end{verbatim}
    \end{lstlisting}
    

それが助けてくれることを願って!


を使用してテストされたコード      

GNU Emacs 24.5.1(x86_64-unknown-cygwin、GTK +バージョン3.14.13)
  orgバージョン:8.3.2

4
追加された
あなたの答えをありがとう!私はこれを実行しようとしたと私は "組織のためのorg-babel-execute機能はありません!"私はこれを追加しようとしましたが(org-babel-do-load-languages 'org-bable-load-languages'((org。t)))、まだ問題があります。他に設定したものがありますか?
追加された 著者 user10117,
私の問題が1つ見つかりましたが、org-babel-load-languagesの代わりに org-bable-load-languagesがありました。その後、ラテックスのエクスポートを実行すると、「このorgコードブロック(ラテックスシェルスクリプト)をシステムで評価しますか」と尋ねられます。私は「はい」と答えるのですが、「あなたのシステムでこのorgコードブロックを評価したいのですか?」と尋ねられます。そして、私は "間違った型引数:listp、#(" Jesse Millwood "0 14(:parent(#0)))"を取得します。これは私の "#+著者:Jesse Millwood"の行に相当すると仮定しています。私はこれまでにこれまでに問題がなかった。何か提案はありますか?
追加された 著者 user10117,
実際にこのリンクすべてうまくいった。あなたの答えをありがとう、コメントをフォローアップしてくれてありがとう!
追加された 著者 user10117,
申し訳ありませんが、実際は実行されましたが、出力は少しばかりです。 #+ NAME:ラテックスシェルスクリプト#+ BEGIN_SRC org:結果ラテックスの置き換え、#+ BEGIN_SRC sh cut -d \ '| grep http://、#+ END_SRC#+ END_SRC#+ BEGIN_SRC org:noweb yes:結果ラテックス置換:結果をエクスポートする、#+ begin_lstlisting << latex-shell-script()>>、#+ end_lstlisting#+ END_SRC出力:\ begin {verbatim}#+ BEGIN_SRC sh cut -d \ '| grep http://#+ END_SRC \ end {verbatim} \ begin {lstlisting} \ begin {verbatim} cut -d \ '| grep http:// \ end {verbatim} \ end {lstlisting}
追加された 著者 user10117,
それはあなたが言った出力を与える、ありがとう!私は今、pdfエクスポートの verbatim 環境を表示しているので、 lstlisting 環境で問題が発生していると思いますが、それはラテックス環境に関する問題ですorgmodeではなく。
追加された 著者 user10117,
@Jesse - ああ、いいえ!以前のバージョンのorg-modeを使ってこれを行うことができたので、これは設定上の問題であると確信しています。手作業で新しい設定を入力したか、カスタマイズメニューを使用しましたか?それはタイプミスかもしれませんか?起動時にこの設定が読み込まれるので、emacsを再起動すると、この設定を更新する可能性があります。私はこれが事実だとは思わない。これが助けになったら私にお知らせください。
追加された 著者 Draco18s,
@Jesse - 申し訳ありませんが私の間違い!最初のコードのorgブロックに `:exports none`ヘッダがありません。私は指示を更新します!私のエラーをキャッチするためにありがとう!
追加された 著者 Draco18s,
@Jesse - 私は私の答えの指示を更新しました。問題が解決した場合はお知らせください。そうすべき。
追加された 著者 Draco18s,