桁LEDは、各セグメントごとに1つの入力、複数の出力を備えています。デジタルピンへの5V電源の「沈下」に関する懸念

モデル名は5161BS

enter image description here

個々のセグメントごとにピン3/8が入力され、残りが出力されます。

私はArduinoの5vピンにピン3を接続し、残りは個々のデジタルピンに接続しました。

ピンがモード出力に設定された簡単なスケッチでは、すべてのセグメントが点灯します。

私の心配は、私が各セグメントをオフにする方法は、出力ピンをハイに設定することです。

意味

5v pin --> LED <-- Digital pin

2つの電圧源を同じ方向に向けるのは危険ですか?これを行う別の方法がありますか?

1
追加された 編集された
ビュー: 12
@TisteAndii、それらが同一であれば同じ明るさになります。しかし、電圧降下にわずかな差があれば、このように接続すると電流の流れに大きなバイアスが生じます。
追加された 著者 Slytherincess,
電流制限抵抗はありますか?これが最初の質問です。それ以外の場合はおそらく何かを傷つけるでしょう。
追加された 著者 Nick Gammon,
それは何もないよりも優れています。しかし、複数のセグメントが表示されている場合、1つの抵抗に異なる電流が流れるため、異なる輝度が表示されます。あなたは本当に5Vのものを除いてすべてのピンで330オーム必要です。
追加された 著者 Nick Gammon,
@NickGammon私はそれについては分かりません。より多くの電流が流れるので、各LEDの明るさはLEDが点灯するにつれて増加しますが、同じ輝度を持つように点灯しているセグメントはすべて期待します。
追加された 著者 TisteAndii,
幸いにも私は5Vピンから330オームの抵抗を付けました。しかし、他の抵抗器はありません。
追加された 著者 Renato,
違いがあった場合、それは目立っていませんでした。 photos.google.com/share/…最後の数字「 - 」は、複数のセグメントが点灯していたときよりもビデオよりもかなり明るかったようです。
追加された 著者 Renato,

2 答え

あなたが持っているデバイスは、共通のアノード表示です。これは、すべてのLEDの陽極(+ ve端子)が1つの共通ピンに接続されていることを意味しています(実際には2つのピンが実際にはピン3と8が内部で接続されています)。それらの陰極(-ve端子)は残りのピンを構成するものです。今、どんなLEDでも点灯するには、アノードに5V、カソードにGNDが必要です。すべてのLEDの共通アノードを表す3ピンに5Vを接続しました。したがって、LEDがオンになるまでの残りの時間は、GNDを対応するカソードに接続するためのものです。だから、残りのすべてのピン(陰極)OUTPUTを作ったとき、NanoはデフォルトでそれらのピンをロジックLOW(またはGND)の値に設定し、すべてのLEDが点灯します。各LEDはその端子間に 5 - 0 = 5 V を持ち、順方向にバイアスされています。

しかし、いずれのカソードにもHIGHを書き込むと、関連するLED /セグメントの電位差はゼロになります。そのLEDはアノード(ピン3/8)に5V、カソードに5V(書き込みHIGH)、 5 - 5 = 0 V になり、逆バイアスされます(赤色LEDが順バイアスになるためには少なくとも2Vまたはそれ以上が必要です)。これは、いつどのセグメントがオンになるかを制御する方法です。陰極にLOWを書き込んで関連するセグメントをオンにし、HIGHで書き込みをオフにします。それは直感的ではないように聞こえるが、あなたがそれについて考えるならばそれに続く。あなたの質問に関して、何にもダメージはありません。 強く推奨される電流制限抵抗(220Ω)を使用する場合、LED両端の最小電圧は0V(最大ピーク逆電圧を十分に下回ります)で、LED両端の最大電圧は約2Vです。/330オームが良い)を各陰極とそのArduinoデジタルピンとの間に直列に接続する。

抵抗がなければ、Nanoが安全に供給できるよりもはるかに多くの電流が各ピンを通って流れるでしょう。各LEDの電流を10-20mAに制限する抵抗を使用してください。

2
追加された

これは共通アノードLEDと呼ばれます。アノード(+側)は共有されています。彼らはおそらく2つのピン(3と8)を陽極に共有するために専用にします。

共通のアノードを+ 5Vに接続すると問題ありません。しかし、他のピン(カソード)とArduinoデジタルピンの間に電流制限抵抗を持つ必要があります。それ以外の場合は、アルデューノの定格をはるかに超えるデジタルピンを介して、独自の5V電源を「シンク」しようとしています。おそらく出力ドライバのMOSFETが損傷し、動作を停止します。さらに、過大な電流がLEDにも損傷を与えます。

LED抵抗計算機を参照してください。カソードの each と直列の330オーム抵抗のようなものが適切であるはずです。

ここで、デジタルピンを出力に設定すると、10mAまたはその付近が+ 5VからLED(点灯)およびデジタルピンを介してグランドに "シンク"します。

適切なピンをオフにしてセグメントに点灯させることで、LEDに表示される「数字」を制御します。

LEDの手入れと給餌も参照してください。

1
追加された